忍者ブログ

酒興放論

お気楽に人生を楽しんでばかりいるとバカになってしまうので、せめて1日に1回ぐらいはまとまったことを考えてみようというところから始めたお気楽ブログで、お酒を楽しみながら言いたいことを言うという趣旨です。ふだん、飲み友だちと居酒屋で酒を酌み交わしながら話し、話した先から消えていくような、1話1~2分のたわいもないお話です。心境が変化したら、ある日突然やめるかもしれません。

第64話【インド】インドでは行列は密着して並ぶものというのは本当?

先日、あるTV番組で、インドでの行列はこうです、と数枚の写真を交えながら紹介していました。前後の間隔が狭いというよりも完全に密着していて、さらに、前に並んでいる見ず知らずの人の肩に手をかけたりして、見ていて気持ちが悪くなります。

なぜ、これほどまでに密着するのかと言うと、横から割り込まれないようにするためだそうです。

インドでは、宗教上の理由からか、習慣からか、行列で男女の身体が触れ合うことは少ないようで、男性だけの行列と女性だけの行列が別々にできることが多いそうです。そして、このように密着して並ぶのは男性の場合だけで、女性の行列はもう少しゆったりしています。

このように、インドでは、行列は完全密着して並ぶのが当たり前だそうです。中国は、もっと凄くて、後ろからグイグイと押すこともあるそうです。日本人の目から見れば信じられない光景ですが、写真や映像があるので、その通りなのだと思います。

私は、行列の間隔をどれだけ空けるかは、その国で個人のプライバシーをどの程度尊重しているのかに比例していると思います。国ごとの行列の間隔を横並びにしてみるとよくわかります。中国、インドは0cmで完全密着なのでプライバシー保護はゼロ、日本や台湾は50cm程度のプライバシー保護、ヨーロッパの国々は1~2mのプライバシー保護です。

私は、仕事で、中国には32回、インドには1回行き、それなりに人が多く集まるところも見ていますが、なぜか、そのように密着した行列に出会ったことがありません。現地滞在中、出張先の会社で、毎日、昼食のときには並びますが、行列の間隔は日本とさほど変わらないと思います。
 
TVやインターネットで、インドの行列はこうです、中国はもっと凄くてこうですと、中国やインドで密着して並んでいたり、後ろからグイグイと押している写真や映像を見せられれば、思わず信じてしまいがちです。

しかし、それを鵜呑みにするのではなく、それが日常的な光景なのか、非日常的な光景なのかについて確認しようという意識を持つことが必要ではないでしょうか?
 
2017.06.03
PR

コメント

プロフィール

HN:
edamame
性別:
非公開

P R