忍者ブログ

酒興放論

お気楽に人生を楽しんでばかりいるとバカになってしまうので、せめて1日に1回ぐらいはまとまったことを考えてみようというところから始めたお気楽ブログで、お酒を楽しみながら言いたいことを言うという趣旨です。ふだん、飲み友だちと居酒屋で酒を酌み交わしながら話し、話した先から消えていくような、1話1~2分のたわいもないお話です。心境が変化したら、ある日突然やめるかもしれません。

第85話【居酒屋/東京】新宿の不思議なメキシカンバー【Rainbow Burritos DOUMO】

夕べは、東京在住のアメリカ人と、新宿三丁目のメキシカンバー【Rainbow Burritos DOUMOで飲みました。彼が知り合いのポーランド人から紹介され、その後なんどか行ったことのある店だと話していました。
 
画材販売の世界堂新宿本店の隣の、昭和40年代風のビルの階段をのぼって3階まで行くと、その店がありました。

こじんまりとした店内はカウンターが4席にテーブルが1つで4席、定員8名のようでした。すでに常連さんでいっぱいでしたが、私たち2人が来たので、少しずつ席を詰めてくれて、外の喧騒を眺めながら飲める窓際に2席分作ってもらいました。これで店内を移動するスペースがほとんどなくなるほどの狭さです。
 
オーナーは日本人女性です。夕べはオーナーがひとりでしたが、時々、外国人ビアンや日本人ゲイのスタッフがいる日もあるみたいです。店内では英語が飛び交っていました。やはり、客も、いろいろな国籍の外国人や日本人の、ビアンやゲイが多いのでしょうか。なにせここは、あの新宿二丁目と道路を1本隔てただけの三丁目ですから。

料理は、ブリトー Burrito とタコリト Taco-rrito、飲み物はメキシコのコロナビールを注文しました。具はビーフとチキンから選べます。味もよくボリュームたっぷりでした。

そのほかの料理としては、ナチョス Nachos、ケサディーヤ Quesadilla、チミチャンガ Chimichannga、チップス&サルサ Chips and salsa、タコス Tacos、チリビーンズ Chili Beans があります。

この店は、昨年8月、新宿二丁目の鉄板女酒場「どろぶね」の姉妹店として開店したメキシカンバーで、いろいろな国籍、セクシャリティの客が、ごちゃごちゃっと集まった不思議な空間です。たぶん、狭い店なので、客同士がすぐに打ち解けて友だちになってしまい、そして常連になるのだと思います。

料理は、日本ではあまり馴染みのない本格的なメキシコ料理が楽しめる店で、値段も安く、おいしい店だと思います。

2017.06.24
PR

コメント

プロフィール

HN:
edamame
性別:
非公開

P R